【楽天店舗運営】基本のSEO対策 商品名を変えてアクセスUP!!

【楽天店舗運営】基本のSEO対策 商品名を変えてアクセスUP!!

こんにちは。
株式会社Lifeit(ライフイット)です。

今回はSEO対策の超基本、【商品名】についてお話します。

商品名がアクセスUPへの鍵?

楽天市場のアクセスで大きなボリュームを持っているのが「楽天サーチ」です。
その為「楽天サーチ」の検索結果に表示されることがアクセスUPへの近道となります。

「楽天サーチ」の検索で1番重要なのは【商品名】です。
検索対象となる項目は他にもありますが【商品名】が一番強い箇所となっているので、まずは【商品名】の見直しをしましょう。

楽天市場の商品名は文字数の上限が「127文字」ですが、売上の主流となっているスマホからの検索結果の表示には、約25文字程度までしか表示されません。
その為、検索結果に表示させたい文字を先頭にするようにしましょう。

商品名称をいれましょう

メーカー、ブランド、商品名称、型番(JANではなくメーカー品番)をいれましょう。

スペックを入れましょう

重さや長さ、色など、商品の特徴となるスペックもいれましょう。

サジェストワードを入れましょう

キーワードを入力すると自動的に表示される検索候補をサジェストワードといいます。
サジェストワードは検索数の多い需要のあるリアルなキーワードです。

無料のキーワードリサーチページ【ラッコキーワード】を使うと簡単に調べることが出来るので、該当する商品に追加しましょう。

ここから飛べます⇒ラッコキーワード

※商品と関係性の薄いワードの乱用はペナルティーの対象になりますので、注意が必要です。

季節ワードを入れましょう

「正月」「バレンタイン」「ホワイトデー」「母の日」「父の日」「お中元」「ハロウィン」「クリスマス」などの季節ワードは購入の意思が強い消費者が検索するワードです。
その為、転換率が高くなりますので、関連する商品には需要期前に必ず追加しましょう。

※商品と関係性の薄いワードの乱用はペナルティーの対象になりますので、注意が必要です。

季節ワードを入れましょう

注目キーワード一覧をチェックしましょう

注目キーワード一覧は楽天市場上で公開されているページです。
旬なものから定番のキーワードまで、楽天市場でよく検索されているキーワードが一目でわかります。

ここから飛べます⇒注目キーワード一覧

ページをチェックして該当する商品がある場合は【商品名】に追加しましょう。

※商品と関係性の薄いワードの乱用はペナルティーの対象になりますので、注意が必要です。

まとめ

アクセス数を増やすには、他の方法もありますが、基本は【商品名】です。
商品名やスペックなどは変更になることは少ないと思いますが、【サジェストワード】【季節ワード】【注目キーワード一覧】は日々変わりますので、定期的に更新しましょう!

※上記は執筆時点であり随時変更される場合があります。